オンラインカジノで勝つ為の方策

オンラインカジノ初心者に向けて、効果的な攻略法を紹介します。しっかりと身に付けてください。

攻略法の基本について

オンラインカジノなどのギャンブルで大切なのは、攻略法の活用です。もちろん、カジノゲームごとに攻略法が存在します。しかし、共通する攻略法もあるのです。それが「ベッティングシステム」というものです。これは、戦略的な「賭けかた」を示したものであり、資金を管理しながら最適な「ベット額」を導けるものとなります。いくつかの手法が存在するのですが、初心者が取り組むならばシンプルな「ベットルール」がオススメです。そこで、今回は「パーレイ法」を紹介しましょう。この手法は「ベットルール」がシンプルながら、「攻撃力」の高いものとなります。身に付けて損はありません。

攻略法

パーレイ法のやりかた

「パーレイ法」は「逆マーチンゲール法」とされるものです。オンラインカジノなどのギャンブル全般で活用できます。「ベットルール」は勝負に勝ったらゲットした金額をそのまま次の「ベット額」とするものです。連勝すれば大きな「ベット額」で勝負することになります。簡単でしょう?正確には、勝ったならば、勝利金のすべてを「ベット額」とするものです。ですから、「3倍配当以上のゲーム」で活用した場合には、勝ったら「倍以上」を賭けることになります。いずれにせよ、「勝ち」をかさねれば「想像以上の金額」をゲットできます。

パーレイ法のメリット

さっそく「パーレイ法」のメリットを紹介しましょう。多くのインターネットサイトで紹介されていますが、「パーレイ法」は少ない資金を驚くほど短時間に大金へと仕上げてくれます。「最高の攻略法じゃないですか!」。多くのギャンブラーがこのように感じることでしょう。例を挙げて説明します。たとえば「3倍配当ゲーム」で「パーレイ法」を活用した場合には、1ドルから始めたとしても7連勝すれば2187ドルをゲットできるのです。驚きの金額です。ただし、7連勝する確率は「0.02パーセント」となります。これは、1万回に2回出現する確率ですから、滅多とない事象です。

パーレイ法のデメリット

メリットの一方、当然デメリットが存在しています。しっかりと認識しておきましょう。「パーレイ法」のデメリットは1回の負けで「勝ち分」を失ってしまうことです。攻撃力の強い手法である反面、守備力はあまり考えられていません。ただし、「すべての勝ち分」を失うわけではないのです。この点を認識しておきましょう。それから、「ベット額」に関してですが、「スタートさせる金額」に十分留意してください。資金が少ないのに、「大きな金額」から始めると、「あっという間」にゲームオーバーとなってしまいます。やはり「勝ちやすいゲーム」への活用がセオリーです。

注意点

注意しなければならないポイント

連勝が続いているときに、「パーレイ法」は「やめどき」が難しくなります。慎重になりすぎてもいけませんし、大胆すぎても「痛い目」に遭ってしまいます。とくに初心者のうちは、「勝負の波」を見極めることが難しいと思われます。そこで、あらかじめ連勝に対する「やめどき」を設定してはいかがでしょうか?「3連勝したらやめる」などの設定をしておけば、傷を深くせずに済みます。「大きな勝ち」につながる「パーレイ法」ですが、「大胆」と「慎重」のバランスが大切です。「資金量」を常に意識しながら、「パーレイ法」の活用でギャンブルを楽しみましょう!

パーレイ法が使えるゲーム

当然ですが、「勝ち」にこだわらなければなりません。勝率の高いゲームは「2倍配当ゲーム」です。そこで、「大金ゲット」を夢見るならば、思い切って連勝をねらいましょう。もちろん、1回でも負けてしまえば「勝ち分」を失うわけですから、連勝しているときの「やめどき」が大切です。ここで、敢えて(あえて)申し上げます。ギャンブルに対する「ご自分の方針」をしっかりと持ってください。少ない資金を短時間で大きな金額にしたいのであれば、「ご自分の運」を信じて連勝をねらいましょう。一方、長い時間ギャンブルを楽しみたいのであれば、少しの連勝でリセットしてください。つまり、「利益」を確定させる手法です。「パーレイ法」を「マイルール」でアレンジしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>